収益金50万円を毎日新聞小児がん征圧募金に寄託

毎日新聞

「ごえんなこんさぁと」を主催している朴の会(ほおのかい)は昨日、毎日新聞社を訪問して、今年7月に三重県伊勢市で開催した、チャリティー公演「ごえんなこんさぁと」の収益金など50万円を、毎日新聞社が進める、小児がん征圧キャンペーン「生きる」に寄託させていただきました。

メインパーソナリティーの竹下景子さんも駆けつけて、水野理事長(写真中央)、横井事務局長(同左)、ピアニストの筧副理事長(同右)とともに、毎日新聞社の丸山昌宏社長に目録を手渡してくださいました。

ご寄付をくださった皆さまに、あらためまして心よりの感謝を申し上げます。
皆さまの多大なるご協力をいただいて、私たちはこれからも、小児がんの子どもたちを、音楽で支援する活動を続けてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。