団体概要

朴の会のご紹介

認定NPO法人朴の会(ほおのかい)は音楽などの芸術活動を通じて、小児がんの子どもたちやそのご家族への応援団として寄り添いたいとの願いから、2008年に設立されました。日本では年間2,500人の子どもたちが小児がんにかかると言われています。治癒率は、年々向上しておりますが、これら重度の病気を背負って闘病生活を送っている子どもたちにエールを送ると共に、小児医療の増進に少しでもお役にたてばとの思いがあります。

この会では、主に次のような活動をしております。
ひとつは、女優竹下景子さんの司会と感動的な詩の朗読、プロの音楽家の演奏を聴いていただくチャリティーコンサートです。人と人との支援の輪(ご縁)が広がることを願って「ごえんなこんさぁと」と名づけています。元々神奈川県二宮町の西光寺(さいこうじ)の地蔵まつりに端を発し4年ほどは任意団体で活動していました。2008年から活動の中心を東京や名古屋へと移してまいりました。皆さんに楽しんで頂きながら、小児がんへのご理解と、益々のご支援が深まり、広がる充実した活動を続けていきたいと思っています。

ふたつ目は、若いプロの音楽家たちが病院を訪問して演奏を行う「音楽とどけ隊」の活動です。ミニコンサートですが、毎回入院中の子どもたちの輝く眼差しと笑顔が迎えてくれています。ご家族や、看護師の皆さんへの応援歌としても、これからも広げて参りたいと考えています。

映画会や勉強会で小児がんの実情をより多くの方に理解して頂く啓蒙活動も行います。昨年は、小児科医の細谷亮太先生のお作りになった映画「大丈夫。」を上映し、シンポジウムを持ちました。

まだまだ未熟な組織ではありますが、皆様方のご支持を頂き発展させて行きたいと思っています。今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成27年
認定特定非営利活動法人 朴の会
理事長 水野 勝

認定NPO法人朴の会 設立目的

認定NPO法人朴の会(ほおのかい)は、詩や絵本の朗読、コンサート、講演その他文化的もしくは芸術的公演活動を通じて、そこに集う人々の心の中に湧きいづる感動、人が共にあることの意味、共に生きていることへの喜びを共有し、そしてそれらを共に分かち合う人の輪が広がることを期待し、もってより質の高い文化及び芸術の振興に寄与することを目的とする。

また、同時に、そこに集う人々の輪を通じて、白血病や小児がんその他重度の病気を背負い闘病生活を送っている子どもたちの存在を広く世に知ってもらい、共に生きる人間同士の輪が、その子どもたちと親、そして小児医療に携わる関係者を支援する活動を行うことによって社会の福祉及び医療の増進に寄与することを目的とする。

「朴の会」の名前の由来とロゴマークについて

● 認定NPO法人 朴の会(ほおのかい)の名前は、初代理事長の秋山光洋氏のご友人で仏教詩人の故坂村真民先生が名付けて下さいました。皆さんは朴の花をご覧になったことがありますか? 朴の花は白い花びらが上向きに、空を見上げて咲くのです。まさに希望の白い花ですね!
● 闘病している子どもたちも、応援する私たちも、空に向かって咲く白い花を見ると、辛いことがあっても上を向いて前を向いて生きていく勇気を教えられます。
● 朴の花が上を向いて笑って咲いているように、闘病している子どもたちが笑顔になるように、私たち朴の会は応援していきたいと思います。
● そんな思いをもとに、日本を代表する絵本作家のいせひでこさんが原案を作成し、岡本明さんがデザインしてくださったのがこのロゴマークです。皆さんに広く親しんでいただければ幸いに存じます。

 

朴の会

認定NPO法人朴の会 プロフィール

法人名 認定特定非営利活動法人 朴の会
平成30年4月現在

名誉会長:水野勝
会長:大髙英昭
特別顧問:横井時久
理事長:野本千佳子
副理事長:大塚雅仁、式守正則
理事:阿部尚広、袴田容、藤村雄志、前田恵
監事:秋山五郎

所在地 113-0022 文京区千駄木2-36-10-101
設立登記 2008年12月16日
認定承認 2012年12月14日
電話番号 03-5832-9153
FAX番号 03-5832-9153

ごえんなこんさぁと事務局

所在地
113-0022 文京区千駄木2-36-10-101
電話番号 03-5832-9153
ホームページ http://www.goenna.net
メール info@goenna.net